会社設立を格安で支援してくれる会社比較【東京編】 » 会社設立で得られる3つのメリット

会社設立で得られる3つのメリット

ここでは会社設立をすることで個人事業主と比べてどのようなメリットがあるのかを解説しています。

会社設立で考えられるメリット

会社設立する場合は、定款を作成したり登記の手続きもありそれなりに費用もかかるため、本当に必要なことなのか見極めたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで個人事業主では得ることができない会社のメリットについて代表的なものをまとめてみました。

取引先・融資先からの信頼度が変わる

個人事業主と比べて最も顕著な違いは、取引先や仕入先からの信用力のアップです。
法的な手続きを踏んでおり財政状況や経営状況もわかりやすくなるので、取引先として安心して付き合えるのです。

さらに、信用力のアップに伴い融資や資金調達がしやすくなるのもメリットと言えます。

会社の場合、業績や将来性なども踏まえて総合的に判断できるので、銀行からの借入れもしやすくなり増資や社債の発行など、会社ならではの資金調達方法も使えます。

節税できる

個人事業主も会社も事業所得に応じて税金がかかりますが、その主なものは個人事業主の場合なら所得税、会社の場合は法人税になります。

個人の所得税は、所得が高いほど税率が高くなる累進課税で最高税率45%ですが、法人税は原則的には一定税率が適用され23.9%以上課せられることはありません

一定以上の事業所得が期待できる場合は、法人化しておいたほうが節税メリットが出てくるということになります。

経営リスクが減る

個人事業でも会社でも事業を行う場合には、必ず経営リスクがあります。個人事業主と会社の違いは万が一の時の責任の範囲が違います。

個人事業主は無限責任なので、もし事業が破綻してしまった場合は債務の全額を支払う責任が個人に生じます。
一方、会社(株式会社・合同会社)は有限責任なので出資した額までが責任の範囲となり、個人に全額返済の義務は生じません。

会社の方が再起不能になるリスクを軽減できるのです。

会社設立のデメリットとは?

会社を設立することで得られるメリットは多いですが、デメリットが全く無いわけではありません。考え方次第という部分もありますが、以下の様なことがデメリットとして挙げられます。

  • 設立に費用と時間がかかる
    個人事業主は開業届を税務署に提出するだけ済みますが、会社を設立するためには定款の作成や登記手続きの手間と費用がかかります。
    起業したての頃は負担になるかもしれませんが、それにより取引先からの信用も得られます。
  • 赤字でも法人税がかかる
    個人事業の場合は赤字の時に税金はかかりませんが、法人の場合は法人住民税の均等割というのがあって業績に関係なく最低でも7万円は毎年かかります。
    逆に事業所得が多い場合は税率は低く抑えられます。
  • 社会保険への加入が義務づけられる
    会社の場合は社会保険(健康保険と厚生年金保険)への加入が義務づけられます。
    保険料は会社と従業員の折半になるため、会社にとっては負担増になります。ただ、社会保険の完備は従業員の働きやすさや安心感にもつながります。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各社の公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ