確定申告

ここでは個人事業主の確定申告の必要性とサポート会社に代行してもらった場合のメリットについて解説しています。

個人事業主には必須の記帳と確定申告

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間に得た所得を計算し、支払うべき税金の額を確定して税務署に申告することを言います。

会社員は税金が概算で天引きされているので、確定申告をする必要はほとんどありませんが、個人事業主の場合は確定申告が必須になります。
売上から必要経費を引いて保険などの控除をした上で、年間所得から算出される税金を納めなければなりません。

そのために普段から帳簿をつけておく必要があります。
以前は白色申告で事業所得が300万円以下の人は帳簿をつける義務はありませんでしたが、2014年1月以降は帳簿への記録と保存が義務化されました。

つまり、個人で事業を行っている場合は記帳は必須ということになります。
記帳は会計ソフトを使ってパソコンから入力すればできますが、当然ながら会計の知識が必要になります。

銀行口座の入出金を確認しながら売掛金の管理をし、領収書を整理して経費を計算するなど、意外と事務作業は大変になります。

そのため、こうした経理処理や確定申告を税理士事務所などのサポート会社に代行を依頼するケースが増えています。

サポート会社に確定申告代行を依頼するメリットとは

サポート会社に経理処理などを依頼すれば当然ながら費用が発生します。そこまでしてメリットがあるのかどうか疑問という人がいるかもしれません。

メリットとして第一に考えられるのは、正確に確定申告ができるということです。

特に青色申告で65万円特別控除を得るためには、正しい会計の知識が必要になりますし毎年のように変わる税法に対応しなければなりません。
税務のプロである税理士が行えば間違いはありません。

また確定申告だけでなく、顧問契約を結んで日々の経理処理などもお願いした場合は事業主は事務作業に追われることなく本業に集中できるというメリットがあります。

では肝心の代行費用に関してはどうかというと、確定申告だけ依頼した場合は3~5万円程度が相場になります。また税理士の顧問料は月額で2万円前後のところが多いようです。

すべて自分で行う労力をお金に換算して考えれば、こうした費用は決して高いものではないことがわかるでしょう。

その他

さらに、費用や手間の面だけでなく節税のためのアドバイスを受けることができたり、事業を客観的に考えることができるようになるというのもプラスになります。

なお、個人事業主が納める所得税は累進課税で最高45%課税される可能性がありますが、会社が納める法人税は事業所得800万円以上は一定税率で23.9%になります。

事業所得が800万円に近づいてきたら節税のために法人化を検討することをおすすめします。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各社の公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ