記帳

ここではサポート会社が行う記帳代行サービスの内容や料金例について紹介しています。

記帳代行を利用すると生まれる価値ある効果

記帳代行とは税理士事務所や経理代行会社などが会社や個人事業主に代わって帳簿をつけるサービスです。
依頼者は領収書・通帳のコピー・請求書などを預けるだけで記帳が行われ、毎月その計算結果が返ってきます。

会社や個人事業主では、税務申告や経営状況を把握するために日々記帳を行わなければなりません。
ところが、経理の専門部署が無かったり、専門知識が不足している人がやろうとすると処理に手間と時間がかかります。

こうした問題を解決するために、専門家である税理士が代行して経理事務を行う記帳代行サービスが生まれました。

帳簿をつけることは会社にとって必要なことですが、それ自体は売上を発生させるものではありません。記帳代行サービスを利用することによって、会社全体として売上や利益を生む業務に専念できるようになります。

また、帳簿をつけるために経理担当者を雇うと人件費が年間百万単位でかかってしまいます。経理業務のアウトソーシング(外部委託)である記帳代行サービスであれば年間数十万程度で済むので大幅なコスト削減につながります。

記帳代行サービスのメリット

さらに記帳代行サービスを利用することで税理士とコミュニケーションする機会が増えるのもメリットの一つになります。

税理士は税務のプロですから、記帳に関しても節税を意識した処理をしてもらえますし、直接アドバイスがもらえたり、場合によっては経営の相談にも応じてもらうことができます。

常に会社の数字を把握してもらっているので、財務状況を最初から説明する必要もなく経営上の問題が発生した時でも迅速に対応することができるようになります。

こうした記帳プラスアルファの部分は、会社を設立してまだ経営が安定しない時期には非常に価値のあるものになります。

記帳代行サービスの価格比較表

記帳代行を依頼すると人件費などのコスト削減につながることはすでに説明した通りですが、実際にどの程度の負担になるかを確認するために代表的なサポート会社の料金を表にしました。

会社名 料金(年額・税抜) その他
スタートアップアカウンティング 9,800円×12=117,600円 年間無料仕訳数600を超えた場合50仕訳ごとに+5,000円、Excelデータで送付した場合は仕訳制限なし
TAXHOUSE 12,000円×12=144,000円 仕訳数が極端に多い場合は別途見積り
会社設立東京smile 15,000円×12=180,000円 左記料金は設立初年度のみ。2年目からは月額20,000円

記帳代行サービスの料金相場は月額15,000~20,000円程度です。

専任担当者を雇う場合と比べると10分の1以下のコストで利用できると考えられます。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各社の公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ