会社設立を格安で支援してくれる会社比較【東京編】 » 会社設立のための手続き・手順まとめ

会社設立のための手続き・手順まとめ

ここでは会社設立をする時にやらなくてはいけない手続きについて手順ごとにまとめています。

会社設立に必要な手続きとは

会社設立はいくつかの手順を踏んで進めなければいけません。
複雑なものではないですが、書類を揃えたり費用がかかるものもありますので注意が必要です。

1.基本事項の決定

会社を設立する場合には定款を作成しなければなりませんが、そのためにはまず会社の基本事項を決めておく必要があります。株式会社の場合、必要な項目は以下の通りです。

  • 商号
  • 事業目的
  • 本店所在地
  • 資本金
  • 株式数
  • 役員構成
  • 発起人(出資者)

2.定款の作成

定款は会社の目的や組織など根本規則を記載したものです。
最初に決めた基本事項をまとめたようなものと考えてもよいでしょう。定款には必ず記載しておかなければならない絶対的記載事項があるので注意します。

3.定款の認証

定款を作成したら公証役場まで出向き、公証人の認証を受けます。
認証は会社の本店所在地を管轄する法務局又は地方法務局の所属公証人が行うことになっているので事前に調べておきます。

4.資本金払い込み

発起人(出資者)全員が出資金を発起人代表者個人の預金口座に振り込みます。
この金額が会社設立時の資本金となります。この時、払込証明書も作成します。

5.会社の登記申請

会社の本店の所在地を管轄する法務局の登記所に会社設立登記を申請します。
申請書には法定の書面を添付する必要があります。また会社の代表印登録のための印鑑届出書も作成して提出します。書類に不備がなければ登記完了です。

会社設立時に注意したいポイント

定款の作成方法や会社設立の手続きにかかる費用、税理士との顧問契約やオフィスの必要性などについてはさらに詳しく解説していますので参考にしてください。

定款の作り方

定款に必ず記載しなければならない絶対的記載事項や印紙税がかからない電子定款の作成方法・注意点について解説しています。

会社設立にかかる費用は?

株式会社と合同会社を設立するために必要な費用を表にまとめています。また、サポート会社に設立を依頼した場合の費用についても紹介しています。

税理士と顧問契約するメリット

税理士と顧問契約を締結すると会社にとってどのようなメリットが考えられるかをいくつかの項目を挙げて解説しています。

オフィスは必要?

会社設立時のオフィスの必要性と費用をかけずに利用できるバーチャルオフィスのメリット・デメリットについて解説しています。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、各社の公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ